ロイタイヒント

癌をもたらすことができる4方法の野菜炒め

脂っこい揚げ物しないようなテクニック
干海老の保存
癌をもたらすことができる4方法の野菜炒め
DATE 29-12-2558



  野菜を切った後、洗浄
切った後、洗浄する野菜は水との接触面が切っていない時よりも多くて、いくつかのミネラル、ビタミンBおよびCの一部が水に溶けます。正確なことは徐々に野菜を洗い、切る前に乾かせることになっています。そして、最も重要なのは、切られた野菜はすぐに調理する必要があります。2時間以上放置すべきではありません。そうでなければ空気の酸化作用による野菜の栄養素の損失が発生します。
煙が出てから野菜を入れる
油が高温の煙になるまで待って野菜を入れることは摂氏200度以上の温度で油で野菜炒めを指します。これは、野菜の栄養素やミネラルが失われてまた、癌の原因となります。正しい方法は油の煙が出る前にすべての材料を入れる必要があります。
油をたくさん入れる
どのような油でも98%以上の脂肪含有量を有しています。野菜の油を吸収する能力は肉より高いです。野菜炒めにたくさんの油を入れた場合、野菜の表面が油でコーティングされます。食材の味が野菜に入らなくて体は野菜からミネラルや栄養分を少なく吸収します。正しい方法は、野菜炒めは油を大さじ1を超えてはならないです。
塩を含有する調味料を入れすぎる
醤油の成分中に塩が15〜20%、調味料の成分中に塩が10 % です。これらの成分を入れるとあまりにもたくさんの塩や魚醤を入れてはいけません。食事中のナトリウムの量は高すぎます。
この4方法の野菜炒めは野菜で栄養の損失の原因となり、同様に往往にしたらあなたの健康に悪影響を与えることができます。家の人ににそれらを送信して読ませることを忘れないでください。